TOP>診療内容

診療内容

医療法人 医聖会

近藤眼科

近藤眼科和歌山診療所

南森町眼科クリニック

 

[可能な検査]
視力検査・眼圧検査・精密眼底検査・視野検査
三次元画像解析検査

     

一般眼科
・ 眼の外傷、化学外傷(薬物、油、石鹸等の異物混入)
・ 眼瞼(めばちこ、ものもらい)
・ 結膜疾患(ドライアイ、アレルギー性結膜炎など)
・ 角膜疾患

 

・ 白内障
・ 緑内障
・ 糖尿病網膜症
・ 網膜疾患(網膜裂孔など)
・ 眼鏡処方
・ 仮性近視に対する訓練(予約は必要ありません)

可能な手術
・ 外来での外眼部の小手術
・ 角膜異物除去術

 

 
  受付及び会計窓口  
           
  検査室  
         
 

診察室

 

細隙灯とデジタルカメラが接続してますので、モニター画面にて眼の状態を患者様と一緒に見ながら、詳しくご説明させて頂きます。

 
         
 

細隙灯顕微鏡

 

眼球を観察する生体検査で、眼科の検査の中では、視力、眼圧、眼底ともに、基本的かつ重要な検査です。

 

検査は、細隙灯というスリットランプからの細い光で眼球の各部を照らし、それを顕微鏡で拡大して見ます。

 

結膜、涙点から角膜、前房、虹彩、瞳孔、水晶体、硝子体などの組織を観察し、肉眼ではわからない眼球内の異常を見つけることが出来ます。

 
         
 

オートレフケラトメーター

 

眼の屈折力を測定し、近視や遠視、乱視などの程度を測定するのに用いる機器です。

 

光を瞳孔から眼の内部にあて、眼の底から反射する光の状態を測定して遠点位置を割り出し、それを屈折度数に置き換えることで科学的に屈折力や、近視、乱視の度数が把握できます。

 
         
 

非接触型圧平式眼圧計

 

角膜に直接触れず、空気を吹き付けて眼圧を測定する方法です。

 

眼に触れることがないので感染の危険性がありません。

 
         

ハンフリー視野計

 

コンピューター制御により、自動的に視野を測定する装置です。

 

緑内障や視神経疾患の有無、程度の診察に使用します。

 

視野のうち、どこがどの程度見えていないかを正確に調べるのが視野検査です。

 

ハンフリー計は、主にものを見る中心部近くを詳しく検査します。

検査時間は片眼数分から10分弱位です。

     

三次元画像解析検査(OCT)

 

これまでの眼底写真などでは平面的な情報しか得られませんでした。

 

OCTは、網膜や視神経乳頭の定量的な厚み解析により、三次元的に病態を捉え、把握することが可能となる医療機器です。

 

 

〜OCTでわかる事〜

     

中心フリッカー(CFF)

 

フリッカーとは、半暗室内で視神経疾患の診断の為に行う片眼固視による自覚的検査です。

 

固視標を点滅させて、ちらつきを感じなくなった時のその点滅の頻度をいいます。

 

光の点滅速度をだんだん速めていき、光の点滅が感じられなくなったところで合図をしてもらいます。次に、点滅を感じないところから、点滅の速度を緩めていき、光の点滅を感じたところで、再び合図をしてもらいます。

 

片眼ずつ行い、検査にかかる時間は両眼で5分程度です。

     

肉眼視簡易検査器

 

検査器の中の風景を5分眺めるだけで、遠くの景色を長時間眺めているのと同じだけの効果があります。

 

眼の緊張を解き、眼精疲労の軽減や内側に寄ってしまった視線を平行に保つ効果を持ちます。

     

森実式ドットカード

 

視覚は新生児期から乳幼児期にかけて急速に発達していきます。

また身体的、精神的な発達もめまぐるしい時期でもあります。

このように発達途中の幼児には、それぞれの年齢、精神発達に応じた方法で検査を行っていく必要があります。

 

森実式ドットカードは、うさぎやくまの目の有無を見分けることで測る視力検査です。